オタワ・マラソン2012(カナダ)

オタワマラソン完走報告(2)スタート直前編!

投稿日:

こんにちは。

ひざ痛無くフルマラソン完走を目指している、
海老原です。

今日もアクセスありがとうございます!

今回は、マラソン当日の動きを思い出しながら書き残していきます。

実は、2ヶ月後の7月29日に次のマラソン大会が決まっているので、
そこへの教訓も意識して綴ろうと思います。

では、早速行きましょう!

★☆★☆★☆

2. 緊張のレース当日朝

マラソンスタートは7時AM。

私がたまに顔を併せ、アドバイスをもらっている、
ベイエリア日本人ランナーズ会の隊長である、西村さんから、

「レースの日はだいたい3時間ぐらい前には起きるもんだ」

と、言われていましたので、4時AMに起きました。

実は、このことを意識して申し込んで直ぐに、
朝4時に起きる様に生活パターンを変えました。

もちろん4時に起きれないこともありましたし、
日曜日はゆっくり寝ていましたが、
平日は4時に起きるぞ!という気合いを保ったまま、
めでたく本番を迎えることになりました。

ただし、忘れてならないのは、
オタワのある東海岸は、私が普段住んでいる西海岸よりも
3時間早い(時差がある)ということです。

教えてもらったセオリー通り行くと、
朝4時起きですが、それを西海岸時間で言うと朝1時!

さすがに1時に起きる気にはなれなかったので、
現地入りを1日早くして、現地に本番前2日滞在する様にし、
本番は朝4時になるように、スケジュールをちょっと工夫しました。

つまり、日曜日がマラソン当日ですから、
木曜日の深夜サンフランシスコを出る飛行機に乗り、
金曜日の朝、現地入りし、金曜日、土曜日と調整に使ったという訳です。

 

そして、金曜日は(1)の下見編に書いたとおり下見を行いました。

翌、土曜日は友人家族が2kmレースと5kmに参加したので、
それを応援に行きました。

ただ、実は、5kmレースを走るはずだったもう一人の友人が
ドタキャンしたので、その友人の代わりに5kmを走ったんですけどね。

5kmレースは最後の2kmがマラソンと同じ所を走るので、
これは良い練習になると思って、30分ちょっと走りました。

こんな感じで、そこそこ疲労感を持っていたせいか、
土曜日の夜は10時に眠くなってきたので、
明日の用意を確認して、10時に寝ました。

そんな、理想的な眠りについた私は、
朝4時にしっかり起きることが出来ました。
理想通り、6時間の睡眠が取れました。

 

4時に起きたあとは、着替えて30分間ストレッチ。

その後、ダイニングに言って、朝食。

私はカーボローディングはしません。
それは、このブログでも以前紹介した、
私のランニングの心の師匠である、
Stu Mittleman氏がカーボローディングはやめた方がいいと言っているからです。

師の教えに従い、
ハーブ系の葉もの野菜、ベルペッパー(パプリカ)、生ブロッコリー、
生タマネギ、チーズ、スモークトサーモン(←カナダなんで・・・)
にオリーブオイルをぶっかけて食べました。

 *この料理方法については、実は、別のブログ(アメブロ)
 「超人栄養学」というタイトルで書いているので、そちらもご覧下さい。
 *いずれ、このブログにも「超人栄養学」コーナーを作ろうと思います!

5時に食事が終了して、5時半に会場まで車で送ってもらうため、
友人に起きてもらい、6時少し前にスタート地点付近に到着しました。

スタート地点は、まだ半分ぐらい会場設営準備が終わった感じですが、
まだ、人はまばらです。

さすがに朝6時は、マラソン用の薄着だと寒いので、
この写真の左側にある市庁舎に入って休むことにしました。

市庁舎の中です。

時間はだいたい6時15分頃。

最初に私が床に座った時は誰もいなかったんですが、
あっという間に隙間にランナーが座り始めてこんな感じになりました。

そんな感じで、私の隣にも人が座ったので、
私自身を撮ってもらいました。

朝早起きした割には、しっかり目が覚めているし、
リラックスできていたと思います。

さすがに、40歳になったので、小学生の時の様に、
本番が近づくに従って、お腹がきりきり痛む・・・
なんてことはありませんでした。

というところでスタート15分前になりました。
靴につけたセンサーを確認して、いざスタート地点へ!

 

45分前には人がまばらで、会場設営中だったスタート地点も
既に参加者/ランナーで溢れ返っています。

スタート地点横の道路でウォームアップが出来る様になっているのですが、
アフリカ系の選手が明らかに異なる走りをしていたのが目立ったのですが、
その彼らがなんと一番先頭にいました。

やっぱり彼らは招待選手だったんですね。

私が並んだのは、自己申告「4時間30分〜5時間で完走予定」
という集団の集まりの所で、かなり後ろの方に場所が決められていました。

自分がスタートすべき地点をみつけて待つこと約5分。

「スタート」

の音が鳴りました!

 

まあ、どこからスタートしても
足につけたIDタグが正確な時間を読み取るので、
正しい時間が計られるので心配はいりません。

ということで、スタートしてから約3分後、
私は無事にスタートゲートをくぐりました!

 

ひっぱってすいませんが、続きはこちらで

   ↓  ↓  ↓  ↓

オタワマラソン完走報告(3)レース編!

 

-オタワ・マラソン2012(カナダ)

Copyright© 腸脛靭帯炎を克服し、サブ3をめざすマラソントレーニング , 2019 All Rights Reserved.