レース報告

ライオンに腕を噛まれた!? (DAY24&25)

投稿日:

こんにちは、海老原です!

今日もアクセスありがとうございます。

いきなりですが、実は数日前、
腕をライオンに噛まれました!

どういうわけか私の隣に大人になりかけている
無邪気なライオンがいて、

私が走りだしたら

「ガブッ!」

と腕を噛まれてしまいました。

 

オーマイガッ!

 オーマイガッ!

   オーマイガッ!

 

と思っていたら、目が覚めました。

フー・・・・・・・・・・・・・

お騒がせしました。
そう、これは夢の話でした。

24回目、25回目のトレーニングのテーマは「腕の振り」です。

25回目のトレーニング終了後、
腕を振ると走りが楽になるし、ひざへの負担も軽くできると
確信が生まれていました。

そんなことをずっと考えながら寝たせいか、
ライオンガブッと私の腕に噛み付いてきたという次第です。

もちろん夢の中でです。。。

では、今日は「腕の振り」についてレポートします。

*夢にライオンが出てくることの夢診断は
 レポート最後の追伸で!

 

腕をふると走りが異次元に突入!

以前、ひざの痛みを生じないマラソンフォームを調べた時に、
たくさんの記事が腕の振りについて触れていました。

そして、つい先日読んだ、「猫ひろし」さんの本にも、
腕の振りについて書かれていました。

「走るのが速い人は腕を大きく降っている」、と。

ひざの痛み(具体的には腸脛靭帯炎)を引き起こし難い
独自に開発したランニングフォームを現在試しているのですが、
腕を大きく振るともっと楽に走れそうな気がしてきたので、
実験してみることにしました。

 

坂道で実験(DAY 24)

最初は、坂道トレーニングで実験です。

私が試しているランニングフォームは、
ひざが体の線より前にでないフォーム、
言い換えると、着地点が体の中心に来る様に走るフォームです。

これを維持するためには、足よりも先に体を常に前にもっていく
必要があるので、前傾姿勢ぎみにする必要があります。

でも坂道の場合、

  • 登り坂:平地以上に体をまえにかぶせる様にしていかないと、
    上体が浮いてきて、ひざが体よりも前に出て
    かかとに重心がかかりやすくなる。
    こういう走り方をすると、ひざ痛を発症しやすくなる
    ような気がします。
  • 下り坂:普通に走っていてもどんどんスピードが出るので、
    意識して上体を前に持っていこうとしないと、
    これまた体が浮いてきます。
    体が浮くということは、登り坂同様に
    ひざ痛を発症しやすくなります。
    ただ、下り坂の場合、登り坂とは違ってスピードが出るので、
    足を速く地面から話、前方に引きつける必要があります。

という具合に、登りも下りも考えないで走っていると、
非常にひざを痛めやすいポジションに体が行きやすい
ことが分かりました。

これを抑えるためには、かなり意識的に
上体を前方に投げ出さなければなりません。

平地の場合、腹筋を使うことを意識することで
前傾姿勢を保つことが可能でしたが、
坂、特に下り坂のは、腹筋だけだとスピードに追いつきません。

と、そこで、
腕を90度に曲げたまま思い切って後ろに引っ張って
下り坂を走ってみました。

そうしたら、何が起こったか分かりますか?

・・・

ひざを高く上げるのが激楽になったんです。

肘を後ろに引けば引くほど、
ひざが勝手に前に出てくる感じで、
楽に前に進むことが出来ました。

下り坂では、かなりスピードが出ますが、
ひざが十分上がっていれば
つんのめることもありません。

スピードが出ているにもかかわらず、
ひざへの負担もほとんど感じません。

そしてラッキーなことに、
ハートレートもさほど上がりません。

ただし、長い下り坂だと
だんだんハムストリング(太もも裏)と
ふくらはぎに張りを感じてきたので、
引き続きこの2カ所の筋トレをやっていくべきだと思いました。

 

平地で実験(DAY 25)

坂道で良い結果を手に出来たので、
今度は平地で「腕引き」を試してみることにしました。

結果は、想像以上にいい感じです。

坂道の時に、足が前に出ると書きましたが、
平地でもどんどん足が前に出ます。

それに平地の時は坂道と違ってどんどん前に進むので、
楽しくなって来すらします。

はは〜ん。
もし苦しくなったら、足を上げることよりも、
腕を引くことに意識を向けた方が良いな・・・。

そんなことを考えてしまうほど、
走りに余裕が出てくるし、スピードは出てくるし、
着地点を体の中心に持っていけるよう前傾姿勢を保てているので

やったぜ、アメリカ大陸発見!

と言いたくなるほどの、
走りの新しい世界=異次元が見えちゃった気がしました。

 

 

ということで、今後は

  • 着地点を体の中心にする様に前傾姿勢を保つ。
    (ひざが体の前に出ない様にする)
  • 体を前傾姿勢に保ちつつ、背筋が一直線になる様に、
    体幹を鍛える。
  • 着地は足の中央部(Mid Sole)、土踏まずの外側。
    か、前方。
  • 着地の時にひざは伸ばし切らない。
    ある程度曲げたまま、着地、踏切を行える様にする。
    そのためにはハムストリングスとカーフ(ふくらはぎ)
    を鍛える。
  • 腕を後方に引く。苦しくなった時ほど引く。

ということに気をつけて、トレーニングしていこうと思います!

では、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

追伸:ここまで読んでいたあなたであれば、
きっとマラソンに興味を持たれていると思います。

是非、あなたのマラソン体験を教えて下さい。
何か困っていることがあれば、コメント欄に書き込んで下さい。

一緒に楽しくマラソントレーニングしていきましょう!

 

追伸2:夢にライオンが出てきた件について。。。

ライオン夢占いというWEBサイトを発見しました。

http://www.otofu.net/yu/030/ent9.html

こちらによれば、

大人のライオンではなく、子供のライオンが夢に出現すれば、
あなたは何かの新職を開始することになる前兆です。
自分を信じて仕事を続ければ、よりよい結果が期待できます。

ということなので、
「大人になりかけている無邪気なライオン」は

良いことの前兆!

だと、勝手に信じることにしました!

あなたは最近どんな夢を見ましたか?

 

<トレーニング結果>

DAY 24

DAY 25

 

-レース報告
-, , , ,

Copyright© 腸脛靭帯炎を克服し、サブ3をめざすマラソントレーニング , 2019 All Rights Reserved.