初心者だけどフルマラソンに挑戦

ロングラン(LSD) トレーニングの真意(前編)!初心者だけどフルマラソンに挑戦(3)

更新日:

初心者だけどいきなりフルマラソンに挑戦!
第3回目のテーマは、
ロングラン・LSDトレーニングの真意です!

↑先日、30kmランで羽田空港まで往復したときの記録です!

スポンサーリンク

なぜ、長い距離を走るトレーニングをするのか?

マラソントレーニングの醍醐味と言えば、
何といっても長い距離を走ること。

毎月300km、500km走ったなんて話が
雑誌をにぎわします。

そんな長い距離を走るトレーニングは、
私が使っているランコーチだとロングラン(Long Run)と言ってますが、
ロング(Long)ゆっくり(Slow)距離(Distance)
の頭文字をとったLSDトレーニングという方に馴染がある方が多いかもしれません。

細かいことを言うと
ロングランとLSD似て非なるもの
ですが、細かいことは一旦おいておきます(笑)

そんなことより重要なのは、
比較的ゆっくりしたペースで走る
という点が共通していることです。

出典:http://weheartit.com/entry/205302741

 

なぜ、
比較的ゆっくりしたペースで走る
ということが共通しているのが大事なことなのか?

その心、わかりますか?

スポンサーリンク

ロングランの目的は、筋肉ではなく血管強化。

マラソントレーニングで主に鍛えるべき場所が3つあります。

(1)脳
(2)心肺系
(3)筋肉系

この初心者シリーズの第1回で話した通りですが、
上の3つの場所はお互いに関連し合っているので、
どれか一つを鍛えると軽重の差はあれ、
他の部分も鍛えれれます。

ただ、(1)の脳は、単独で鍛えるよりも、
(2)心肺系(3)筋肉系を鍛えられた結果の方が
鍛えられ(耐性ができ)るので、
通常のトレーニングの目的は(2)か(3)になります。

ロングランの目的は
(2)か(3)どっちか?というと、
正解は(3)の筋肉系です。

ただし、注意して欲しいのは、
筋肉系と「」をつけている通り、
筋肉だけを鍛えているわけではありません。

長い距離を比較的ゆっくり走ることで、
筋肉を含む毛細血管を鍛える
というのが100点満点の正解です。

というところで、ちょっと長くなりました。

続きは別記事に改めますが、
ロングラン/LSDを鍛える真意は、
毛細血管を強化すること

ととりあえずこう覚えておいてください。

 

なぜ、毛細血管を鍛えないといけないか、
その理由をできるだけ早く公開するよう頑張ります!

ご期待ください!

-初心者だけどフルマラソンに挑戦

Copyright© 腸脛靭帯炎を克服し、サブ3をめざすマラソントレーニング , 2018 All Rights Reserved.