レース報告

iPhoneをトレーニングCPUにせよ!(DAY10)創刊記事

 

こんにちは。
ひざ痛なく、フルマラソン完走!
をめざしている海老原です。

縁あって、5月末のオタワマラソン、7月末のサンフランシスコマラソンに参戦することになりました。
5月のオタワマラソンは人生初のフルマラソンの参加です。

まずは5時間切りを目指して完走できるようにトレーニングしていきます。

このブログではその体験記を綴りつつ、
同じくフルマラソン初完走を目指す方へのお役立ち情報を
配信してきますので、よろしくお願いします!

本格的なトレーニングを開始してから本日は、10日目になります。
そんな中で、これはトレーニングに一番不可欠だと思った物があるのですが、
何だと思いますか?

マラソントレーニングに一番不可欠だと私が思っているもの。
それは、トレーニング記録を残すアプリ(ソフトウェア)です。

特に、私はiPhone/アイフォーンを普段使っているので、
アイフォーンに乗っかるアプリであれば尚いいと感じました。

1年ぐらい前、私はPolarのハートレートモニターを持っていたので、
PolarのAppsがアイフォーンに対応していれば良かったのですが、
なんと対応していない!

ハートレートモニターって$120(約1万円)ぐらいするので、
半年ぐらい、アイフォーンに対応したWahoo Fitnessというメーカーの
ハートレートモニターを買おうかどうか迷っていました。

その間に見つけたアイフォーンアプリが「RunKeeper.com」です。
データのレビューは自分の走りの強化に役立ちます。

でも何に付けても「記録が残る」という楽しみが、
マラソントレーニングを続けようと言うモチベーションをかき立てます。

少なくとも私はモチベーションかき立てられまくりです。

数あるアプリの中でもRunKeeperが魅力的なのは、
トレーニング終了後すぐにトレーニング記録を
FacebookやTwitterにアップロードでき、
facebook友達に自分のトレーニング成果を伝えることができることです。

本当に簡単に全世界に報告が出来るのが便利ですし、
全世界に配信しちゃったので後に引けなくなります・・・。(笑)

 

本格的にマラソンに参戦することに決めたので、
結局、アイフォーンと連動可能なハートレートモニター
Wahoo Fitness Training Kitを購入してしまいました。

Training Kit(トレーニングキット)は、
ハートレートモニター(心拍計)、
胸の回りに巻くベルト、
iPhoneに接続するのデータ受信機「ANT+」
の一式が入っています。

これを購入すれば、RunKeeper.comが元々提供していた、
地図データと連動したランニング記録に、
心拍データが追加記録されます。

これで、いろいろなフルマラソン完走戦略が練れると思うと、
更にやる気倍増です!

Wahoo Fitnessをはじめ、今回、調達したマラソンギアに付いては
また、機会を改めて書くことにしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


↑ 2月22日(10回目)のトレーニングのダイジェスト

-レース報告
-, , ,

Copyright© 腸脛靭帯炎を克服し、サブ3をめざすマラソントレーニング , 2019 All Rights Reserved.