ランナーズニー克服法・無料レポートダウンロード

こんにちは

ランナーズニーを克服し、フルマラソンを完走するピークパフォーマンス栄養学実践男こと、このブログの運営者の海老原と申します。

KenEbihara20131124

<写真はフィレンツェマラソンのゴール後>

私は2012年にフルマラソンの完走に向けて、本や知り合いのアドバイスを参考に真面目なマラソントレーニングを始めました。

開始してから2ヶ月後ぐらい、調子よく10kmぐらい走っていると、突然、歩くことすらできないほどの激しい膝の痛みに襲われるという事態を繰り返しました。

この痛みについて調べたら、ランナーズニー(腸脛靭帯炎)というマラソンでは有名なケガだとわかりました。

 

ケガが有名なら治療法もたくさんあるのではないかと思ったのですが、残念ながら見つかったのはストレッチと接骨院によるマッサージ、あるいは整形外科による手術。。。

 

残念ながらストレッチは私には効果がなく、2ヶ月後に初フルマラソンを控えた私は絶望的になりました。

 

そんな時、ふと、「なんでプロのランナーは月に1000kmとか、私よりもはるかに長距離を走っているのに、ランナーズニーになったなんて話を聞かないんだろう・・・」

そう思ったんです。
そんな疑問を抱いた私が、雑誌やネットで色々調べて独自に編み出したのが、ご紹介する「ランナーズニー・腸脛靭帯炎の克服法」です。

runnerskneefree_report_face

 

このレポートを作成した2012年当時、私はアメリカ・サンフランシスコに住んでいたので、アメリカの雑誌やランナーの画像情報をベースにしていますが、日本人の皆さんにも、わかりやすくまとめられたと自負しています。

 

そして、なにより、この方法は私自身が実践し、ランナーズニー腸脛靭帯炎を克服した方法そのもので、2012年の発行以来、500人以上の方にダウンロードしていただいています。(2016年9月24日現在)

 

テーピングも不要になるんですが、興味ありませんか?

実は、この克服法を見つける前に、ネットで紹介されているストレッチや、このブログでも紹介しているKTテープという画期的なテーピングも試しました。

KTテープはものすごく効果があり、テーピングの目的の一つであるケガ予防という観点では、非常に効果的だといまでも思っています。

でも、この克服法を身につけることができれば、テーピングは必要なくなると私は思っています。

 

細かいことはレポートと音声を聞いていただきたいのですが、ご紹介している方法は、早ければ2時間で理解でき、1週間ぐらいで無意識に身に付く簡単な方法です。
マラソン大会が近づいている方はもちろん、そうでない方でも即効性のある方法なので、ランナーズニーかな?と思う方は、是非、次のフォームに必要情報を書き込んでください。
レポートは完全無料です。

 

ランナーズニー克服法お申し込みフォーム

登録が無事終了しますと、ご登録いただいたメールアドレス宛に、当ブログよりメールが配信されます。

そのメールの本文中に、「ランナーズニー・腸脛靭帯炎克服法レポート(PDF)」とその「補足解説音声(mp3)」をダウンロードするためのURLが記載されていますので、そちらをクリックして入手してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス・確認用(必須)

コメントをご自由にどうぞ!

もし届かない場合は、お手数ですがもう一度お申し込みいただくか、お問い合わせフォームからご連絡ください。http://www.ebiken.com/inquiry

 

なおこの無料レポートのダウンロードを申し込まれた方には、当ブログが不定期に発行しているメルマガも配信することご了承ください。

メルマガがご不要な方は、メルマガに記載される登録解除リンクなどの方法から解除を行ってください。

 

ランナーズニー克服法レポート
作成者:海老原 憲

 

2016/09/24


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA