レース報告

LSD (Long Slow Distance) で自分を丸裸にせよ!(DAY 17)

2012/03/24

こんにちは。
ひざ痛なく、フルマラソン完走!
をめざしている海老原です。

今日もアクセスありがとうございます!

17回目の今日は土曜日なのでロングラン・トレーニング。
ハートレート(心拍数:下のグラフの赤線)をほぼ一定に保ったまま、
地元の中学校のグランドをぐるぐる約69周走りました!

それでは今日もトレーニング報告です!

走行前:83.8Kg/ 24.6% → 走行後: 82.9Kg/ 23.0 %( 0.9Kg/1.6 %減)

◆◇◆◇◆◇◆◇
では、ここから今日のトレーニングの報告です。

ロングランではいつもいろんな課題が見つかります。

今日見つかった課題はこんな感じです。

  • やっぱり2時間半で右膝に変化が現れた。
  • 以前のトレーニング結果から2時間半が私に取っての最初の関門だと思ったので、2時間半の時点で一旦止まり軽く足をストレッチしてみました。
  • 更に、2時間半と3時間の時点で水補給とアーモンドを一掴み分かじながら1周(400m)ウォーキングしてみました。
  • 1周して戻ってきたら再度、ランに戻ったのですが、これらの対策が良かったのか、前回まで感じた様な膝の痛みはありませんでした。
  • また、今回は踵を前に出す走り方に切り替えてみました。前々から、着地はかかとからと意識していたんですが、今回は極端なぐらい意識してみました。たぶん、これもトレーニング終了後に膝に痛みが出なかった理由だと感じています。(全くない訳ではないですが、痛みというよりも疲労がのこったという感じです)
  • 踵からおりる様なフォームにする事によって、大腿四頭筋(太もも裏の筋肉)とふくらはぎに疲労感が残りました。
  • 大腿四頭筋を使うようになって感じたのは、膝回りよりも太ももまわりの筋肉の方がパワーがありそうなので、ここを使って走るのは正解なのかもしれないということです。これから調べてみます。
  • 今年のSauconyのシューズの開発コンセプトは、軽量化を計りながらもクッション性を保つという既定路線に加え、シューズの踵とつま先の高さの差を8mm少なくした(つまり前傾角度を減らした)事がアピールされています。
    最初はこの8mmの差が何を意味するのか分からなかったのですが、大腿四頭筋を使って走るフォームは、足をフラットに前後させる感覚なので、8mm分つま先とかかとの差が少なくなった分、大腿四頭筋を使いやすくなっているのではないかと言う事を意味しているのかもしれないと思いました。
  • 足をフラットに運ぶフォームは、トップシューズメーカーの開発方針にあった走り方の様なので、やっぱり正しい長距離走の走り方なのではないかと思います。これも調べてみます。
  • 直前の睡眠時間はやっぱり6時間は欲しいですね。今日は3時間睡眠だったので体の新陳代謝のリズムがおかしかったです。

今回はもともと4時間走ろうと思っていたのですが、
3時間半しか走れなかったのが残念。

睡眠不足のためか新陳代謝のリズムがおかしくて、
途中、何度もトイレに行ったので、30分失いました。。。
今度のロングランに向けて、課題克服策をしらべて、
この場でシェアする様にします。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

お知らせ1:私のマラソンバイブル「Slow Burn (Stu Mittelman著)」の
第3部「何を食べるべきか」というところを今週読み直しています。
目からウロコの情報が満載です。

日本語の翻訳本が出ていない様なので、近々、これを情報源にして、
マラソンに適した食事に付いてもシェアしていきたいと思います!

 

お知らせ2:フルマラソンが6:30とか7:00にスタートする事を意識して、
3/5 月曜日から、朝起きる時間を6時半〜7時から4時に変更しました!

今予定している2つのマラソンのスタート時間が朝6:30と7:00なので、
スタートしてからトイレに行かなくてもすむ様に、
トイレに行く時間の前倒しできればと思っての決意です。

早起きを続ける為の方法とか、早起きする様になって変わった事も
今後書いていきます。ご期待ください。

↓今回のトレーニング記録(詳細)
http://runkeeper.com/user/ebikenzou/activity/74643531

ランナーズニー克服法レポート

↑↑↑↑↑↑
オリジナルの無料レポートです。画像をクリックすると申込みページに移動します。

-レース報告
-, , , , ,